日本中小企業金融サポート機構に取材!強みや特徴、審査落ちの原因を直撃してみた

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 エントランス

ファクタリング業界では珍しい、「一般社団法人」という形態の日本中小企業金融サポート機構。

今回は、一般社団法人日本中小企業金融サポート機構の代表理事・谷口様にお話を伺いました。

日本中小企業金融サポート機構のファクタリングについてアレコレ聞いてみましたので、利用を検討している方はぜひ参考になさってください。

社団法人だから実現できた手数料の安さ

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 会議室

Q.日本中小企業金融サポート機構のファクタリングの特徴を教えてください。

1つは、手数料の安さが挙げられます。

通常のファクタリングは、手数料2%〜20%程度が相場です。

一方、当機構ファクタリングの手数料は、おおよそ1.5%〜10%。

なぜ低い手数料でできるかというと、当機構が一般社団法人ということが影響しています。

一般社団法人では、株主という概念がありません。余剰利益を株主に分配する必要がないため、手数料に還元することができています。

もう1つの特徴は、当機構が、関東財務局及び関東経済産業局が認定する「経営革新等支援機関」に認定されていること。

金融や税務、企業財務の専門知識を有する団体として、国から認められている点は、ご利用者様にとっても安心材料になるようです。

実際、当機構では、ファクタリング以外に補助金・助成金の申請支援なども行なっています。

Q.お客様の業種と平均買取金額を教えてください。

他のファクタリング会社様と同じく、建設・土木・工事・運送・製造業のお客様が多いです。

平均利用金額は、200万円〜500万円程度となります。

もちろん、お客様によって利用金額は大きく異なります。過去には、数万円〜数千万円の買取実績があります。

日本中小企業金融サポート機構の審査ポイントは?

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 オフィス外観

Q.御社でファクタリングを利用する流れを教えてください。

  1. HPからお問合せ後、スタッフから審査に必要な資料の案内をさせて頂きます。
  2. 審査書類をWebアップロード、またはメール添付にてお送りください。
  3. 審査は長くても約1営業日で完了します。
  4. 条件に納得いただけたら、オンラインで契約書を送付させて頂きます。
  5. 当機構とご利用者様双方の捺印が完了次第、指定の銀行口座に振込させて頂きます。(審査完了後、最短1〜2時間)

Q.審査に必要な書類は何ですか?

  1. 請求書・契約書
  2. 利用者様の身分証明書
  3. 直近3ヵ月分の通帳コピー
  4. 当機構の申込書

の4点のみです。

Q.審査で見ているポイントはどこですか?

「売掛先の与信」を最も重視しています。

過去にお取引がある売掛先様の場合は、

  • 過去の取引履歴がしっかりしているか
  • 入金額は過不足なく振り込まれているか

といった点を通帳のコピーから確認させて頂きます。

なお、当機構では初回取引の売掛先への請求書も買取可能ですので、まずはご相談ください。

Q.審査落ちする主な理由は何ですか?

これだからNG、という決まったルールはありません。

しかし、強いていうなら、2者間ファクタリングの場合、税金・社会保険の滞納があまりにも多く残っている方は、審査が難しくなる傾向があります。

もしその会社が差し押さえ等にあったとき、当機構が回収予定だった売掛金が、税金や社会保険など優先債権の支払いに回されてしまう可能性があるからです。

Q.審査をスムーズに進めるために、利用者がやっておくといいことはありますか?

請求書に付随した関連資料を一緒に提出していただくと、審査はスムーズに進みます。

一般的にビジネスの流れは、「契約」「納品」「検収」「請求」という順に進むと思います。

そのプロセスの中で、当機構が資料として確認するのは最後の「請求書」だけ。

誤解を恐れずいうと、請求書なら相手がいなくても作ることが可能ですよね。

そこで、契約書や納品書、検収のやりとりを行なったメールなど請求書以外の証拠があった方が、私達も買取の判断を下しやすいです。

たまに、懇意にしている取引先だからといって、契約を書面に残していないという方がいらっしゃいますが、紙でもメールでもチャットでも何でもいいので、相互にやり取りしたエビデンスは残す習慣をつけていただくことをおすすめします。

ファクタリングのメリットは「決算書が汚れない」こと

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 看板

Q.プロから見て、ファクタリングの良さは何だと思いますか?

資金調達には、銀行融資やエクイティなどファクタリング以外に様々な選択肢があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、どれが一番良いということはありません。

ただ、ファクタリングの性質にフォーカスを当てると「決算書が汚れない」点は大きなメリットだと思います。

決算書が汚れなければ、銀行やベンチャーキャピタルからの企業の見え方も変わってきます。

短期的な資金繰りのためにファクタリングを使うこともできますが、さらに、先まで見越した決算書への意識も持てると良いのではないかと感じます。

Q.初めてファクタリングを利用する方にアドバイスがあればお願いします。

ファクタリングに限らず、資金調達全般に言えることですが、基本的には、審査期間が長いほど手数料が安い、審査期間が短いほど手数料が高い、という図式が成立します。

ファクタリングは、最短当日中に資金調達できるスピードが特徴です。

しかし、可能であれば、数日〜1週間程度余裕を持って審査を申請しておくと、ファクタリング会社側も検討期間が伸びる分、手数料を安くしてくれる可能性があります。

もちろん、「明日にでも資金化したい」とお客様からご要望があれば当機構は対応しますが、少し余裕を持ってもらえると、最終的に利用者様もメリットを享受できるかと思います。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構のインタビューを終えて【取材後期】

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構 ロゴ

ファクタリングの特徴というと、最短即日で資金調達ができる、税金滞納や赤字でも利用できる、といった点が思い浮かぶ方が多いと思います。

その中で「決算書が汚れない」のがファクタリングのメリットという谷口様。

短期的な資金繰りだけではなく、その後の資金調達(銀行融資やVC出資)まで見越している点は、さすがプロだと感じました。

また、社団法人だからこそ、他ファクタリング会社と比べて手数料が安くできる点も、日本中小企業金融サポート機構ならではの特徴です。

ファクタリングを検討している方はぜひ一度、無料見積りをしてみてはいかがでしょうか。