Web・ネット完結!オンラインファクタリング10選【徹底比較】

Web ネット完結 オンライン ファクタリング

Web・ネットで契約が完結するおすすめファクタリングサービスをご紹介します。

従来のファクタリングは「対面契約」が一般的でしたが、近年では、PC・スマホから契約できるオンラインファクタリングサービスが続々登場しています。

オンラインファクタリングサービスは、

  • エリアを問わず地方在住の事業者で手軽に利用できる
  • 来店契約のための移動の手間が無くなる
  • 審査〜契約までの時間を大幅に短縮できる

など、多くのメリットがあります。

しかし、多数のオンライン完結ファクタリングが登場し始めたことから、「結局、どのファクタリングサービスを使えばいいの?」という疑問も湧くと思います。

本記事は、ファクタリング利用経験の豊富な筆者が、各サービスのメリット・デメリット等を詳しく解説していきます

オンラインファクタリングがおすすめな理由3点

サービス紹介の前に、簡単にオンラインファクタリングがなぜおすすめなのか解説します。

①:PC・スマホだけで契約が完結する

対面契約・来店契約が不要なオンラインファクタリングでは、利用者からスマホやPCから簡単にファクタリングを利用できます。

一般的なオンラインファクタリングの利用手順は以下の通りです。

  1. ネットで請求書・必要書類(請求書、通帳コピー、身分証etc)をアップロード提出
  2. ファクタリング会社による審査・見積もり金額の提示
  3. 電子契約などでのオンライン契約
  4. 請求書の買取・入金

従来のファクタリングに必要だった来店審査や、必要書類の郵送といった手間が省けます。

②:スピード契約!即日入金できる可能性が高い

オンライン契約が可能となったことで、審査〜入金までのスピードが格段に上がりました。

  • 対面契約が必須なファクタリング会社:申請から入金まで早くとも数営業日必要
  • オンラインファクタリング対応会社:即日入金の可能性高

Web申請から数十分〜数時間以内に着金するファクタリングサービスも多くあります。

ただし、申請を行う時間帯によっては、翌日以降の入金になるケースもありますのでお気をつけください。

③:圧倒的な低手数料・交通費も不要で余計なコストがかからない

手数料の安さもオンラインファクタリングサービスの特徴です。

これまで2社間ファクタリングの手数料相場は20%〜30%とされていましたが、オンライン対応のファクタリングサービスでは、手数料10%台、中には1桁%としている業者もいます。

ファクタリングの手数料は、そのまま資金調達金額に直結するため、手数料のインパクトは非常に大きいといえます。

さらに余計な移動費もかからないため、時間的にも、金銭的にも余計なコストをかけずに利用できます。

Web・ネット完結型ファクタリングおすすめ10選【比較表あり】

ここから、筆者おすすめのファクタリングサービスをご紹介していきます。

過去のファクタリング利用経験やファクタリング会社のインタビューで得た情報を元に、以下の観点を踏まえて厳選しました。

  • サービスの使いやすさ(Web申請のしやすさ、直観的に操作できるかetc)
  • ファクタリングの申請〜振込までの時間
  • 審査の柔軟性
  • 必要書類の少なさ
  • ファクタリング会社の信頼性・透明性

【Web・ネット完結型ファクタリングサービス比較一覧まとめ】

サービス名 ペイトナーファクタリング(旧yup先払い) QuQumo LINK Cool Pay(クールペイ) プロテクト・ワン FREENANCE PAYTODAY labol(ラボル) OLTA(オルタ) anew
総合評価                   
対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国
オンライン契約  対応  対応 対応 対応  対応 対応  対応  対応 対応  対応
手数料 10% 1%〜上限不明 2%〜上限不明 1.5%〜 3%〜10% 1%〜9.5% 10% 2%〜9% 2%〜9%
買取可能金額 1万円〜(初回利用時は上限25万円) 5万円〜数千万円(取材確認済) 30万円〜上限不明 10万円〜1億円 1万円〜300万円 下限・上限なし(取材確認済) 1万円〜上限不明 下限上限なし
入金スピード 最短10分 最短2時間 最短2時間 最短60分 最短30分 最短当日 最短30分 最短60分 最短即日 最短即日
個人事業主 可(フリーランスのみ) 不可
公式サイト 準備中 準備中

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)

【おすすめ度】

項目 詳細
入金スピード 最短10分
個人事業主(自営業)の利用 個人事業主・フリーランス向け
手数料 一律10%
対応エリア 全国
取引可能額 1万円〜(初回利用時は上限25万円)
申請書類 請求書、本人確認書類のみ
運営会社 ペイトナー株式会社(旧yup株式会社)
所在地 〒107-6003 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3階
設立 2019年2月
 資本金 3億6,863万4,614円(資本準備金含む)
代表者 阪井 優
メリット
  1. 大手企業と提携多数!高い信頼度
  2. 1万円の少額請求書から買取可
  3. 必要書類は請求書・身分証の2点のみ
デメリット
  1. 初回は買取上限25万円まで
  2. 電話サポートなし

ペイトナーファクタリング(旧yup先払い)は、個人事業主・フリーランスに特化したオンラインファクタリングサービスです。(中小企業など法人も利用可)

大手銀行や上場企業との提携を積極的に進めており、ファクタリング会社の中でも高い信頼度を誇ります。

また、面倒な書類提出は一切なし。請求書と本人確認書類だけでファクタリングができる業界でも珍しいサービス。

25万円未満の少額請求書の買取なら、確実におすすめできます。

ペイトナーファクタリングの審査基準や審査落ちの理由が分かる取材記事も掲載中です。

QuQumo(ククモ)

QuQumo ククモ TOPページ
【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 入金まで最短2時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料 1%〜上限不明
対応エリア 全国
取引可能額 5万円〜数千万円(取材確認済)
必要書類 請求書、通帳コピー、身分証
運営会社 株式会社アクティブサポート
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
設立 2017年9月
資本金 1,000万円
代表者 羽田 光成
メリット
  1. 担当スタッフの電話サポートあり
  2. 初取引の企業の売掛債権も買取OK
デメリット
  1. 手数料の上限が決まっていない
  2. 申込後の電話確認は必須

QuQumoは、来店不要・全国どこからでもオンラインで利用できるファクタリングサービスです。

オンラインファクタリングには珍しく専任スタッフがフォローをしてくれるため、「いつまでに入金される?」「こんな事情があるんだけど買い取ってもらえる?」といった疑問も直接質問できます。

契約には、電子契約サービス「クラウドサイン」を使用しているため、面倒な書類記入・押印の手続きも一切不要。

相見積も大歓迎とのことなので、複数社に依頼を出す際には利用しておきたい1社です。

QuQumoの審査ポイントや手数料がよく分かる取材記事はこちら

LINK


【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 最短2時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2%〜
対応エリア 全国で利用可
取引可能額 〜1億円
必要書類 請求書、身分証、通帳コピー、決算書
運営会社 株式会社日本ビジネスリンクス
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋一丁目35番11号 スタックスビル 601号
設立 2019年
資本金 1,000万円
代表者 宮田 久義
メリット
  1. 柔軟な審査基準
  2. 他社からの乗り換えで条件優遇あり
デメリット
  1. 審査時に決算書、確定申告書が必要
  2. 申し込み後の電話確認必須

LINKは、利用者の状況に応じて、柔軟な審査をしてくれるオンライン型ファクタリングサービスです。

サイトにはAIによる10秒無料査定機能があり、以下の5つの質問に答えるだけで 概算の資金調達額と手数料が分かります。

  1. 売掛先の事業形態(法人・個人事業主etc)
  2. 売掛先の企業規模
  3. 売掛先への請求額
  4. 売掛先との取引状況(初回・継続)
  5. 契約書の有無

他社からの乗り換えは手数料などが優遇されるため、他ファクタリング会社を利用していた方にもおすすめです。

Cool Pay(クールペイ)

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 入金まで最短60分
個人事業主(自営業)の利用
手数料
対応エリア 全国
取引可能額 30万円から買取
契約書類 審査時:請求書、通帳コピー
運営会社 株式会社エムライズ
所在地  東京都大田区山王2-1-8山王アーバンライフ1003号室
設立 2007年12月
資本金 999万円
メリット
  1. 請求書をスマホで撮影して送るだけ
  2. 最短20分で見積もり査定
デメリット
  1. 30万円未満の少額請求書には非対応
  2. 買取手数料不明

Cool Payは、請求書をカメラで撮影してアップロードするだけで利用できるファクタリングサービスです。

利用手順は簡単3ステップ。

  1. 手元の請求書・注文書をスマホで撮影してCool Payへアップロード
  2. 必要情報をもとに審査・最短20分で買取可能金額をお知らせします
  3. お見積もり内容で問題なければ、契約承諾後にお振込!

少額の請求書には対応していないため、30万円〜数百万円の請求書買取を希望している方に向いているサービスです。

プロテクト・ワン

プロテクト・ワン ファクタリング【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 入金まで最短30分
個人事業主(自営業)の利用
手数料 1.5%〜
対応エリア 全国どこでも利用可
取引可能額 10万円〜1億円
契約書類 審査時:身分証明書・通帳・請求書

契約時:個人事業主は印鑑証明書、住民票。法人は、印鑑証明書・登記簿謄本

会社名 株式会社PROTECT.ONE
所在地 〒231-0047 神奈川県横浜市中区羽衣町3-63 羽衣ビル8F
設立 2021年9月
資本金 900万円
代表者 保毛 陸
メリット
  1. 個人事業主・零細企業におすすめ
  2. 最低10万円から買取OK
デメリット
  1. 手数料上限の決まりなし
  2. 新興企業のため情報は少なめ

プロテクト・ワンは、個人事業主・フリーランスにおすすめのオンラインファクタリングです。(法人も利用可)

最低利用額は、10万円〜OK。一般的なファクタリング会社の最低買取額は30万円〜なので、少額債権も取り扱ってくれるはありがたいですね。

買取対象になるのは法人相手だけではなく、個人事業主相手の売掛金も含みます。

また、柔軟でスピーディな審査も特徴で、利用者の96%が即日入金を実現しています。

いますぐ請求書を買い取ってもらいたい事業者の方は、まず無料査定をしてみることをおすすめします。

FREENANCE(フリーナンス)

フリーナンスのファクタリング

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用 個人事業主・フリーランスのみ
手数料 3%〜10%
対応エリア 全国
取引可能額 1万円〜
企業名 GMOクリエイターズネットワーク株式会社
設立 2002年4月
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
資本金 9,165万円
メリット
  1. 大手GMOグループが提供する即日払いサービス
  2. 圧倒的な低手数料
デメリット
  1. ファクタリングを利用するためには専用口座の開設が必要(1〜2週間)
  2. フリーランス専用サービス

個人事業主・フリーランスのためのお金と保険のサービス「フリーナンス」もおすすめの即日払いサービスです。

フリーナンスに加入すると、業務中の事故・怪我などの補填をしてくれる保険(最高5,000万円補填)に加入でき、また必要に応じて即日ファクタリングサービスを利用できます。

口座開設には1〜2週間程度時間が必要ですが、業界でも最安水準の低手数料で請求書の現金化が可能です。

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

PAYTODAY ファクタリング【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 入金まで最短30分
個人事業主(自営業)の利用
手数料 1%〜9,5%
対応エリア 全国どこでも利用可
取引可能額 下限・上限なし(取材確認済)
会社名 Dual Life Partners株式会社
所在地 東京都港区南青山2-2-6ラセーナ南青山7F
設立 2016年4月
代表者 矢野名都子
メリット
  1. 女性スタッフが7割以上。女性経営者にもおすすめ
  2. 1%〜9.5%の手数料!
  3. 貸金業登録も実施で安心
デメリット
  1. 対面契約希望の場合は別途手数料がかかる
  2. 利用には確定申告書(個人事業主)や決算書、もしくは試算表(法人)が必要

PAYTODAYは、ファクタリング会社には珍しい女性経営者が運営するファクタリングサービスです。

スタッフも7割以上が女性を占めており、女性経営者からの申込も多いようです。

「ファクタリングに安全なイメージを持ってもらいたい」という想いから、貸金業を取得したり、積極的に情報発信をしたりしています。

(ファクタリングサービスの提供に貸金業の登録は必須ではありませんが、利用者が安心して使えるように貸金業登録をしたとのこと)

筆者も利用していますが、使い方も簡単で好条件でファクタリングできるため、登録しておいて損はないサービスです。

labol(ラボル)

labol ラボル ファクタリング
【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 可(最短60分)
個人事業主(自営業)の利用 個人事業主・フリーランス専門
手数料 10%
対応エリア 全国
取引可能額 1万円〜
運営会社 株式会社ラボル(株式会社セレス(東証プライム上場)の100%子会社)
所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
世田谷ビジネススクエア タワー 24階
設立 2021年12月
資本金 5,000万円
代表者 吉田 教充
メリット
  1. 上場企業による安心経営
  2. 1万円からの少額請求書に対応
  3. 必要書類が少ない
  4. Googleの口コミ高評価多数
デメリット
  1. 3社間ファクタリングは未対応

labol(旧nugget)は、2社間ファクタリングに特化したオンラインファクタリングサービス。

必要書類は、請求書、身分証、取引の証拠となるエビデンス(先方担当者とのメール、Slackでのやり取り等でOK)のみ。

「他社で買い取ってもらえなかった請求書がラボルでは買い取ってもらえた!」という口コミも多々あり、おすすめの1社です。

OLTA(オルタ)

OLTA オルタ ファクタリング
項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2%〜9%
対応エリア オンライン契約対応・全国どこでも利用可
取引可能額 下限上限なし
会社名 OLTA株式会社
設立 2017年4月14日
代表者 代表取締役CEO 澤岻 優紀
事業内容 クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供
資本金 25億4,361万円(資本準備金含む)
住所 〒107-0062 東京都港区南青山一丁目15番41号
QCcube南青山115ビル 3階
メリット
  1. 業界最安級(2%〜9%)の低手数料
デメリット
  1. 昨年度の決算書一式が必要
  2. 個人事業主・フリーランスの利用不可

OLTAは、三菱UFJ、SMBC、みずほ銀行をはじめとする複数の金融機関から資金調達を受け、日経新聞などでも取り上げられた話題のWEBサービスです。

ネット上に入金待ちの請求書をアップすることで審査から現金化まで最短24時間で完了!さらに手数料は2%〜9%と業界最安水準。

無料登録しておけば、いつでも低い手数料でファクタリングを利用できます。

anew

anew オンラインファクタリング
項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用 不可
手数料 2〜9%
対応エリア 全国
取引可能額 下限・上限なし
運営会社 anew合同会社
代表者名 安田 智成
住所 東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル10階
メリット
  1. 東証一部上場企業の新生銀行とOLTAの共同事業
  2. AI審査で圧倒的に安い手数料
デメリット
  1. 利用対象は法人のみ
  2. 必要書類が多い(請求書、身分証の他、昨年度の決算書と勘定科目内訳明細なども必要)

anewは、新生銀行とクラウドファクタリングのOLTAが共同で立ち上げたオンラインファクタリングサービスです。

現在、法人のみしか対応をしていませんが、AI審査で業界最安級の手数料を実現。買取可能額も下限・上限を設けていません。

オンラインファクタリングのメリット3点

オンラインファクタリングサービスのメリットを解説します。

メリット①:少額取引に対応!個人事業主・フリーランスにもおすすめ

筆者的にオンラインファクタリングの大きな魅力だと感じるのが、少額請求書にも対応している点です。

一般的にファクタリング会社は、買取する請求書の金額が大きくても小さくても、審査などにかかる手間は同じです。

そのため、請求書の金額が少なすぎると手間に見合わないため、買取可能額に下限を設けている会社がほとんどでした。(30万円未満の請求書は基本NGです)

しかし、オンラインファクタリングでは、10万円の請求書、中には1万円からでも現金化できる会社がたいはんです。これは買取にかかる工数をシステムによって大幅に削減できるため、実現出来ること。

法人と比べると売掛金の金額が低くなりがちな、個人事業主やフリーランスは注目したいポイントです。

メリット②:審査に必要な書類が比較的少ない

これまでのファクタリングサービスでは、

  • 請求書
  • 銀行通帳のコピー
  • 本人確認書類
  • 登記簿謄本・確定申告書類
  • 決算資料
  • 印鑑証明書

など様々な審査書類が必要でした。書類の準備に法務局や税務署に出向く必要もあり、多少面倒な面がありました。

オンラインファクタリングでは、請求書・本人確認書類の2点があればOKとしている会社も多く、面倒な書類を準備せずに使えます。

メリット③:リピート利用で手数料割引などが受けられる

さらに、こちらは業者によって異なりますが、オンラインファクタリングを繰り返し利用することで、サービス上で自身の信用が溜まり、手数料の割引、買取可能額のアップなどの特典が受けられるケースもあります。

通常時で低い手数料がさらにリピートによって安くなる可能性があるのは嬉しいですね。

オンラインファクタリングのデメリット3点

メリットだけではなく、デメリットも見ていきましょう。

デメリット①:対面契約を希望する人には不向き

逆説的ですが、「対面でスタッフの顔を見てから契約したい」という方にはオンラインファクタリングが不向きです。

ただし、オンラインだけではなく、来店・対面契約も対応している会社も多いので、対面契約を希望する方は利用企業に問い合わせしてみることをお勧めします。

デメリット②:3社間ファクタリングには対応していない

オンラインファクタリングでは、取引先企業・ファクタリング会社・利用者の3者で契約を結ぶ3社間ファクタリングサービスには対応していません。

中小企業・ベンチャー企業の場合は、大半が取引先にファクタリングの事実を認知されない2社間ファクタリングを利用することが多いと思いますが、3社間ファクタリングを利用したい場合には注意が必要です。

デメリット③:請求書の二重譲渡には要注意

デメリットというよりも注意点になりますが、複数のオンラインファクタリングサービスを使って同じ請求書を現金化してもらうことは違法になる可能性が高いため絶対にやらないようにしてください。

Web・ネット完結型ファクタリングを利用する手順【図解】

オンラインファクタリングサービスの利用手順を実際の画面を見ながら確認していきましょう。

今回は、QuQumoを例に利用手順を解説します。

QuQumo ククモ 利用手順

ステップ①:無料登録

QuQumo ククモ メール1

まずは、QuQumo公式HPからメールアドレスで無料登録を行います。

この時点では、登録を行うだけで必要書類等は必要ありません。

QuQumo ククモ メール2

メールアドレスと任意のパスワードを入力するとメールが届きます。

QuQumo ククモ メール3

上記リンクをクリックすれば、QuQumoを利用するためのマイページ登録が完了です。

ステップ②:マイページから必要書類をアップロード

QuQumo ククモ マイページ

上記がマイページです。このうち、「ファクタリング申請」というページから必要情報の入力などを行います。

入力項目

  1. 会社の基本情報(事業形態、法人名/屋号、電話番号、住所、事業内容)
  2. 代表者について(代表者名、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、本人確認書類、配偶者の有無、子供の人数、住居状況)
  3. 振込先口座情報

ステップ③:審査〜入金

QuQumo ククモ 入金 契約

その後、請求書、通帳コピーの必要書類をアップロードしたら申込完了です。

申請書類ごとにに「審査中」「審査完了」などステータスが割り振られるので、そちらで現在の状況を知ることができます。

QuQumoの場合は特に問題がなければ、申請から平均2時間〜4時間で入金されます。

細かい操作面は異なりますが、オンラインファクタリングサービスの利用手順としては大きく上記の通りです。

Web・ネット完結型ファクタリングに関するよくある質問

Web・ネット完結型のファクタリングに関するQ&Aに回答していきます。

Q.1社で審査に落ちたら他もダメ?

いえ、あるファクタリング会社で審査に落ちた場合でも、他のファクタリングサービスでは、買い取ってもらえるケースは多々あります。

ファクタリングサービスごとに審査基準は異なるため、複数社に相見積もりを取るのはファクタリングを利用する際の必須事項です。

また、審査に落ちた場合でも、追加資料を提出すれば審査に通過するケースもあるため、諦めずに相談してみることをおすすめします。

Q.Web完結型ファクタリングの手数料相場はいくら?

筆者の実感値としては10%〜15%が相場です。

HPにファクタリング手数料を掲載しているところはありますが、最安の手数料が書かれていることが多く、実態とは乖離している印象です。

実際には、請求書の金額や取引先の会社規模などに応じて手数料は増減しますが、30万円程度のファクタリングで15%前後というイメージになるかと思います。

Q.土日でも請求書を現金化できる?

オンラインファクタリングは土日祝日いつでも申請できます。

ただし、現金振込は銀行の営業日に準ずるため、土日に申請しても着金は最短で週明け月曜日になりますので注意してください。

Q.複数の請求書を一括でファクタリングできる?

はい。複数の請求書をまとめて買い取ってもらうこともできますし、もしくは1つの請求書の一部の金額だけをファクタリングで現金化することも可能です。

Web・ネット完結!オンラインファクタリングまとめ

今回ご紹介したオンラインファクタリングサービスはどれも安心して使える優良サービスです。

今すぐファクタリングをしなくても無料登録しておけばいざというときにすぐ使えますので、気になった方は一度各サービスを見てみてはいかがでしょうか。

【オンラインファクタリングサービスおすすめまとめ】