QuQumo(ククモ)の口コミ・評判!審査が遅いという噂は本当?

QuQumo ククモ ファクタリング 評判 口コミ

株式会社アクティブサポートが運営するファクタリングサービス「QuQumo(ククモ)」は、完全オンラインで契約型のファクタリングサービス

最短2時間で請求書を現金化できるスピード感が特徴のQuQumoですが、実際に利用した方々の評価はどうなのでしょうか?

本記事では、利用者の口コミ・評判や、筆者がQuQumo代表へのインタビューから得た一次情報をまとめました。ぜひ参考にしてください。

QuQumo(ククモ)の特徴【手数料・審査スピード・サポート体制】

QuQumo(ククモ) ファクタリング
項目 詳細
即日対応 入金まで最短2時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料 業界最安1%〜
対応エリア 全国
取引可能額 下限・上限なし 過去の買取実績は5万円〜数千万円(取材確認済)
受付時間 10時〜17時(メールは24時間受付)
審査書類
  • 審査時:請求書、直近2〜3ヶ月分の通帳コピー(個人事業主の場合は、上記に加えて、保険証+確定申告書or開業届)
特徴
  1. 最短2時間で入金完了のスピード
  2. オンライン型ながら手厚いフォロー
  3. 少ない必要書類

QuQumoのファクタリングの特徴をおさらいしていきます。

特徴①:最短2時間で請求書を現金化

QuQumoは、申請〜入金までオンラインで完結するファクタリングサービスです。

対面契約のための移動時間や打ち合わせの必要が一切ないため、スピーディな資金調達が可能です。

申請から入金までは最短で2時間。全国どこの事業者でも面倒な手続きなくファクタリングを利用できます。

特徴②:必要書類はたったの2点のみ

QuQumo利用時に必要な審査書類はたったの2点だけです。

  1. 直近2、3ヶ月分の通帳コピー
  2. 請求書

※個人事業主・フリーランスの場合のみ、上記に苦WEて、保険証と開業届・又は確定申告書を提出

一般的にファクタリングの審査には、上記以外に「決算書」「試算表」「事業計画書」といった細かい書類が必要になるケースが多いです。

「ファクタリング会社に問い合わせたら、HPに記載してある以外の書類も請求された」ということもあるようですが、当サイトでは、QuQumoの代表に取材を行い、本当に2点の書類だけでいい旨を確認済みです。

「本当に通帳と請求書だけでいいんですか?」という筆者の質問にも、「はい。資金調達を急いでいる方が多いと思うので、他に何も準備しなくて結構です」とお答えいただきました。

引用:QuQumo代表インタビュー

特徴③:専任担当者によるサポート体制がある

最近、オンライン契約完結のファクタリングサービスは増えつつありますが、企業によっては、利用者からの電話・メール問い合わせに対応していないケースもあります。(もしくは、あまり積極的に受け付けていないため回答に時間がかかる)

QuQumoでは、問い合わせ後に必ず専任担当者から電話によるフォローアップがあります。

  • 取引先と契約書を巻いていないが利用できるか?
  • 着金までどれくらい時間がかかりそうか?
  • 手数料はいくらか?

ファクタリング利用時に抱く様々な疑問を担当者に直接聞くことができます。

キャッシュが必要となる期日までにきちんと入金ができるか、直接スタッフに確認できる点は助かりますね。

特徴④:個人向けのビジネスでも一部請求書の買取りが可能

基本的に個人向けの売掛債権(飲食、塾、店舗ビジネスなど)は、どこのファクタリングでは利用できません。

しかし、QuQumoでは、消費者との間に決済代行会社が入っている場合、個人向けビジネスの売掛債権も買取り可能としています。

例えば、学習塾運営会社で、塾の月謝の徴収を決済代行会社に任せている場合、運営会社の取引先は決済代行会社になるため、ファクタリングでの買取が可能になります。

QuQumoの口コミ・評判

QuQumoを実際に利用した会社や個人事業主の口コミを集めてみました。

QuQumoの良い評判・口コミ

Googleの口コミ
総合評価:

お恥ずかしながら、
自社の経営難でご相談させていただきました。

ファクタリングのような資金調達サービスを利用したのは
初めてだったので、最初は不安でしたが、
担当の方と話すとその不安は吹き飛びました!

わからないことが多い私にも親切にとてもわかりやすく説明くださりました!

説明後の流れはとても円滑で、必要書類の提出後
即日で入金されました^^

「ファクタリング試したいが、新しいシステムだから怖い・・・」
のような私の方にオススメの会社です(笑)

引用:Google

大阪府/広告代理店/資金調達額1,200万円
総合評価:

取引先からの急な入金日の変更があり、別件の仕入れの支払いや、融資金の返済が困難になってしまい、困っていたときにネットでのサービスを見て利用しました。 必要な資金がなんと即日で手元に入り、困難な状況を乗り越えることができました。 また何かあった際は利用させていただきたいです。

引用:公式HP

Googleの口コミ
総合評価:

対応が凄く丁寧でハキハキしてました!
他社と比べて駆け引きのような事も一切無く安心して頼めました!
代表自らもご挨拶していただきとにかく安心してお話しさせて頂ける会社です!

引用:Google

福岡県/建設業/資金調達額1,500万円
総合評価:

担保保証人なしで資金調達できるのがほんとに驚きでした。 建設会社の経営をしているのですが、普段は銀行から融資を受けています。 機材の故障により緊急で追加費用がかかることになったためファクタリングしてもらいました。金融機関の与信枠が超過していたので、保証人なしで現金化できたのはとても助かりました。

引用:公式HP

QuQumoの悪い評判・口コミ

Googleの口コミ
総合評価:

1週間以上経ちました。審査は遅い、受付完了の連絡もない、問い合わせても反応もない、最低のサービスですね。
ネットの口コミ(笑)はどうせステマでしょうが、これに騙されないことをお勧めします。

Googleの口コミ
総合評価:

一週間たっても審査結果がでませんでした。

「審査結果が遅い」という口コミがいくつか散見されました。

真偽のほどは定かではありませんが、筆者が手続きを行った際には、

  • 平日午前中11時に問い合わせ
  • 30分後には折り返しの電話(簡単なヒアリングと必要書類の案内)→審査書類の提出
  • 14時には審査完了のお知らせ

というスピード感でした。

これは筆者の予想ですが、QuQumoはオンラインファクタリングの先駆けであり、2020年にサービススタートした当初は相当数の利用者から問い合わせがあったようです。

予想以上の反響によって、サポートが追いつかなかった時期などに審査が追いつかなかった可能性があるのではないかと考えています。

QuQumoでは急遽スタッフの追加採用を行い、現在では問い合わせ数に対応できるだけの体制が整っています。

QuQumoの運営会社・アクティブサポートって?

ququmo アクティブサポート HP
運営会社 株式会社アクティブサポート
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
設立 2017年9月
資本金 1,000万円
代表者 羽田 光成
取引先銀行 三井住友銀行 池袋東口支店
みずほ銀行 池袋支店
きらぼし銀行 東池袋支店
事業内容 ファクタリング事業
各種コンサルティング事業

アクティブサポートは、2017年に設立したファクタリング会社です。ファクタリング業務以外に、財務コンサルティングも実施しています。

ファクタリングを使っている事業者の中には、資金繰りがうまくいかない、赤字体質の会社をどうにかしたい、といった根本的な経営に関する悩みを抱えている場合が少なくありません。

ファクタリングで資金調達支援を行うだけではなく、そもそも財務・経営面の見直しまで行ってくれるのは心強いポイントです。

QuQumo(ククモ)を利用するメリット

ququmo ククモ メリット

メリット①:圧倒的な手続きの簡単さ!

QuQumoの利用は全てネットで完結します。

メールアドレスでマイページ登録を行い、本人確認書類と通帳、請求書コピーをアップロードするだけ。その後、1時間程度で審査が完了、着金まで進みます。

後ほど、利用手順を画像付きで解説していきます。

メリット②:買取の下限・上限金額が幅広い

ファクタリングではファクタリング会社ごとに買取できる請求書の金額が決まっている場合が多いです。

QuQumoの場合、HPでは30万円〜1億円の請求書と記載がありますが、実際には5万円程度の少額のファクタリングにも対応しているようです。(取材確認済)

買取下限は明確に決めているわけではなく、売掛先の信用力や利用実績に応じて、柔軟に調整をしてくれるそうです。

メリット③:債権譲渡登記や事務手数料は一切なし

債権譲渡登記とは、請求書の買取にあたって、一つの売掛金を複数のファクタリング会社に買い取ってもらうなどの不正行為防止のための登記手続きです。

債権譲渡登記を行う場合、銀行の融資審査に影響したり、諸費用がかかったりしますが、QuQumoでは、債権譲渡登記は必要ありません。そのため、余分な事務手数料なども一切かかりません。

メリット④:2社間ファクタリングも手数料が比較的安い

QuQumoの手数料は1%〜14.8%。

対面契約などで人的コストがかかる場合には、手数料20%前後のところが多いです。QuQumoの場合はオンラインで完結するため、手数料も比較的低く抑えられるようです。

QuQumo(ククモ)を利用するデメリット

QuQumo ククモ デメリット

デメリット①:対面で契約したい方には不向き

逆説的になりますが、顔の見える契約をしたい方にとってQuQumoは不向きです。

スタッフの顔を見て安心して契約したいという場合は他のファクタリング会社を検討することをお勧めします。

ただし、QuQumoの場合も一切スタッフサポートがないというわけではなく、電話やメールでの対応は行ってくれるのでその点は安心してください。

デメリット②:小口債権の買取は応相談

30万円未満の請求書の場合は、買い取ってもらえるかどうかは売掛先の企業の支払い力など、状況によって判断になります。

ただし、請求書を複数枚合わせて30万円以上になる場合は基本的に買取に対応しています。もし小口の債権が複数あるようであれば、まとめて申請を出すのが得策です。

QuQumoでファクタリングする流れ【審査〜入金の全ステップ】

QuQumoを利用する手順を画像付きで解説します。

QuQumo ククモ 利用手順

ステップ①:メールアドレスで無料登録

QuQumo ククモ メール1

まずは、QuQumo公式HPからメールアドレスで無料登録を行います。

この時点では、登録を行うだけで必要書類等は必要ありません。

QuQumo ククモ メール2

メールアドレスと任意のパスワードを入力するとメールが届きます。

QuQumo ククモ メール3

上記リンクをクリックすれば、QuQumoを利用するためのマイページ登録が完了です。

ステップ②:マイページから申請

QuQumo ククモ マイページ

上記がマイページです。このうち、「ファクタリング申請」というページから必要情報の入力などを行います。

入力項目

  1. 会社の基本情報(事業形態、法人名/屋号、電話番号、住所、事業内容)
  2. 代表者について(代表者名、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、本人確認書類、配偶者の有無、子供の人数、住居状況)
  3. 振込先口座情報
QuQumo ククモ 入金 契約

その後、請求書、通帳コピーの必要書類をアップロードしたら申込完了です。

申請書類ごとにに「審査中」「審査完了」などステータスが割り振られるので、そちらで現在の状況を知ることができます。

ステップ③:担当者から電話折り返し

Webから申請を行うと、数時間以内に担当者から折り返しの電話があります。

電話での簡単なヒアリング(事業内容や売掛先との取引内容など)は必須となっておりますので、電話には必ず対応するようにしましょう。

ヒアリング内容をもとに審査が実施されます。

ステップ④:最短2時間〜4時間で入金

特に問題がなければ、申請から最短2時間〜4時間で入金されます。

できれば、平日12時までに申請を行うと、当日中に入金される可能性が高まります。

QuQumo(ククモ)のファクタリングはどんな人におすすめ?

  • とにかく早く現金が必要な方
  • 対面契約などが面倒でオンラインで完結させたい方
  • 手数料をやすく抑えたい方

などにお勧めです。

逆に、オンラインでの書類アップロードなどが必要になるので、PCやスマホ操作に慣れていない方には不便かもしれません。

QuQumo(ククモ)の評判・口コミまとめ

初めて利用している方から、ファクタリングを既に利用していて他社に乗り換えを検討している方まで、QuQumoはお勧めできるファクタリングサービスです。

筆者が実際に利用した感想としては「簡単、楽!」という一言に尽きます。QuQumoで無料査定をしてみたい方は以下から利用をしてみてください。