labol(ラボル)の口コミ・評判!おすすめの使い方と注意点まとめ

labol ラボル 口コミ 評判

本記事では、実際にlabol(ラボル)を利用した方の口コミ・評判や、審査基準、利用の流れを分かりやすく解説します。

  • labolは安心して使えるサービス?
  • 利用者の満足度は?

といった疑問にお答えしていきます。

ファクタリングの利用を検討している方はぜひご参考にしてください。

ラボルのファクタリングサービスの特徴3点

labol ラボル ファクタリング
【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 可(最短60分)
個人事業主(自営業)の利用
手数料 10%
対応エリア 全国
取引可能額 1万円〜
運営会社 株式会社ラボル(株式会社セレス(東証プライム上場)の100%子会社)
所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号
世田谷ビジネススクエア タワー 24階
設立 2021年12月
資本金 5,000万円
代表者 吉田 教充
公式HP https://labol.co.jp/
特徴
  1. 東証プライム上場企業が運営
  2. 土日祝日の申請・入金に対応
  3. 審査に必要な書類が少ない

labol(ラボル)は、株式会社セレス(東証プライム市場上場)が運営するファクタリングサービスです。

特徴①:最短60分で現金化・土日の振込にも対応

ラボルは、申請から最短60分というスピード対応が特徴のオンライン型ファクタリングサービスです。

ラボル以外にもWeb完結型のファクタリングは存在しますが、その中でも最短60分という早さはトップレベル。

また、筆者が知る限り、土日祝日に審査・入金まで対応しているのはラボルだけです。

特徴②:必要書類はたったの2点のみ

ラボルの審査に必要な書類は以下の2点です。

  1. 請求書
  2. 取引を示すエビデンス(取引先とのメール等)

面倒な決算書や事業計画書、試算表、印鑑証明書といった書類は一切必要ありません。

また、取引先とのエビデンスについても、契約書である必要はなく、メールやSlack、ChatworkのスクリーンショットでもOKです。

特徴③:買取下限額は1万円〜OK

買取可能下限額は1万円からと、個人事業主・フリーランスなど小規模事業者にとって嬉しい金額となっています。

多くのファクタリング会社が30万円未満の請求書は積極的に買取を行なっていないため、ラボルは貴重なサービスといえます。

特徴④:利用頻度によって買取可能額が増枠

ラボルの初回利用可能額は10万円〜20万円程度です。

その後、利用実績に応じて買取可能額が徐々に増枠されていきます。

特徴⑤:与信タスク実施で審査通過率アップ

他ファクタリング会社にはないラボルならではの機能に「与信タスク」があります。

与信タスクをこなすことでラボル内での信用が貯まり、審査に通りやすくなります。

与信タスクには以下のような例があります。

  • 通帳コピーの提出
  • SNSへの投稿
  • 公共料金領収書の提出
  • 戸籍謄本の提出
  • 確定申告書、源泉徴収票の提出
  • 取引先との契約書提出
  • 青色申告決算書の提出
  • Moneyfowordとの連携

ラボルの良い評判・口コミ

Googleの口コミ
総合評価:

初めて買い取りサービスを利用させていただきましたが、他の同サービス会社と違い、申請に不備がある場合は定型文での返信だけでなく、不足書類や対処方法等を明確にご連絡頂き、フリーランス1ヶ月目でしたが利用させて頂くことが出来ました。とても親切で助かりました。(引用:Google)

Googleの口コミ
総合評価:

フリーランスや中小企業の資金繰りにお困りの方へお勧めです。審査から着金までが非常に早いのが◎。審査をスムーズにするために、業務書類や発注書、請求書、納品書、やりとりのメールなどはしっかり揃えた方がいいです。(引用:Google)

男性/自営業/利用額15万円
総合評価:

ネット広告運用の代理店として数ヶ月前に独立した者です。広告費の先払いによってキャッシュフローが悪化していたところでラボルを見つけ、利用しました。個人的に信用情報に傷があったのですが、問題なく利用できて助かりました。初回の利用可能額が15万円のみだったため、もう少し限度枠が増えると助かるなという印象です。

Twitterの口コミ
総合評価:

以前はナゲットという名前で運営されてました。ファクタリング業者としては調べる限り一位、二位を争うくらい有名な会社なので安心して申し込みできました。
手数料は10%で闇金まがいの後払い業者やファクタリング業者より全然安いで
引用:Twitter

ファクタリング会社の大半がHP上でも上限の手数料を開示していません。HPに最低数%〜と記載されていても、いざ査定をしたら20%以上の手数料がかかるというケースも珍しくありません。

そんな中、ラボルでは手数料が一律10%と明示されています。

女性/デザイナー
総合評価:

デザインの仕事は、何故か基本的にお金が入ってくるのが遅く、資金繰りや生活費に困ることが多くて困っていたところ、ネットでラボルさんの事を知り登録しました。 インターフェイスは大きくて見やすく、エビデンス等もスクリーンショットをして送るのみなのでストレスなく使用することが出来ます。今後も利用させていただきます!(引用:公式HP

オンラインファクタリングの場合、書類に不備があると、理由説明なく審査落ちとなってしまう会社もあります。
その中で、しっかりと不備の説明をした上で再提出の機会をもらえる点は助かりますね。

また、手数料が一律10%と明示されている点に安心感を覚えた利用者もいたようです。

ラボルの悪い評判・口コミ

Googleの口コミ
総合評価:

請求書が映った動画を何回も何回も何回もやり直しさせられました。
そのあとで、「あれがないと買い取りできない」と高圧的なメール。
なぜ先にそれを言わない?
先にそれが分かれば、そこで無駄な時間を過ごさないで済んだのに。
それを、指摘すると、まったく誠意が感じられない機械的な文章で「こちらの不手際でした」の一点張り。
お時間取らせて申し訳ないという言葉が一切出てこなかったことに驚きました。
その後は、都合が悪いからだと思いますが、何を言っても完全無視。
少額での申請だったので軽く見られたんでしょうね。

ラボルの悪い口コミは多く見つかりませんでしたが、上記の方の場合、申請の手間やサポート体制に不満を感じたということでした。

ラボル利用時のエビデンス(取引先とのやりとりなど)は、基本的にスクリーンショットの画像提出でOKですが、書類内容によっては、利用者に画面収録を求めるケースもあるようです。(書類の偽装がないかチェックのため)

ラボルを他ファクタリング会社と比較してみた

labol(ラボル)と、他オンライン型ファクタリングサービスを比較してみました。

サービス名 labol(ラボル) ペイトナーファクタリング(旧yup先払い) QuQumo LINK Cool Pay(クールペイ) プロテクト・ワン FREENANCE PAYTODAY OLTA(オルタ) anew
総合評価                   
対応エリア 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国 全国
オンライン契約  対応  対応  対応 対応 対応  対応 対応  対応 対応  対応
手数料 10% 10% 1%〜上限不明 2%〜上限不明 1.5%〜 3%〜10% 1%〜9.5% 2%〜9% 2%〜9%
買取可能金額 1万円〜上限不明 1万円〜(初回利用時は上限25万円) 5万円〜数千万円(取材確認済) 30万円〜上限不明 10万円〜1億円 1万円〜300万円 下限・上限なし(取材確認済) 下限上限なし
入金スピード 最短60分 最短10分 最短2時間 最短2時間 最短60分 最短30分 最短当日 最短30分 最短即日 最短即日
個人事業主 可(フリーランスのみ) 不可
公式サイト 準備中 準備中

結論、個人事業主・フリーランスが少額ファクタリングをするなら、labol(ラボル)、またはペイトナーファクタリングの二強です。

審査から振込までのスピードはペイトナーファクタリングの方が早い一方で、ラボルでは柔軟な審査が特徴。

多様なエビデンス書類を受け付けてくれる点、書類に不備があってもしっかりサポートしてくれる点はラボルならではの特徴です。

ラボルの利用手順【画像付きで分かりやすく解説】

ステップ①:ユーザー登録

まずは、HPから無料ユーザー登録を行います。

labol ラボル 認証コード

 

メールアドレスを入力すると、認証コードが届きます。

認証コードを入力して「登録して次へ」を押すと、基本情報入力画面へ遷移します。

【基本情報入力ページ】

labol ラボル 基本情報入力

基本情報入力後、着信認証ページへ遷移します。

【着信認証】

着信認証

登録した電話番号へ自動音声電話から着信がありますので、認証コードを確認します。

【本人確認書類登録】

labol ラボル 本人確認書類登録

 

こちらでユーザー登録は完了です。この後、運営側で本人確認と審査が実施されます。

審査は大体数時間もあれば完了します。

ステップ②:口座登録と請求書の買取申請

【口座情報登録】

labol ラボル 口座情報登録

ファクタリング利用時の入金先口座を登録します。

【買取申請】

labol ラボル 請求書買取申請

上記から請求書の買取申請を行います。筆者の初回の申請可能額は「10万円」でした。

  • 取引先企業名
  • 取引先企業の担当者名
  • 取引先企業の電話番号(連絡を承諾する・しないを選択可。承諾しないでOK)
  • ファクタリングの利用目的

を入力します。

その後、エビデンス資料として以下のいずれかをアップロードします。

  • 請求額・支払い期日・担当者名が記載されたメール、チャットのスクリーンショット
  • 取引先企業からの過去の入金履歴
  • 押印済みの発注書や契約書

ステップ③:審査・入金

必要項目とエビデンス書類をアップロードしたら審査待ちです。

最短申請から60分、筆者の場合は午前12時に申請をして午後15時頃に審査完了の連絡が来ました。

審査完了後、すぐに指定の口座へ入金があります。

ラボルに関するよくあるQ&A

Q.ラボルへの返済期日はいつまでになりますか?

請求書の支払期日+3日です。(土日祝日の場合は翌営業日)

売掛先からの入金が10月10日の場合、ラボルへの支払いは10月13日となります。

Q.ラボルへの返済が遅れた場合、取引先に連絡はいきますか?

事前の相談なく返済が遅れた場合、取引先へ連絡がいく可能性があります。

ラボル利用規約

第2章 金銭債権の買取

第17条(利用者が有する金銭債権の買取)10.

・・・当社が利用者に代わってクライアントに対して当該債権譲渡の事実を通知すること及び当社がクライアントに買取対象債権の支払を請求し、その他連絡等を行うことができるものとします。

(1)買取対象債権につき、支払が遅延し若しくは支払が拒絶された場合

Q.利用できない請求書はありますか?

下記の請求書の場合、ご利用いただけません。

(1)反対債権がある場合
(2)支払期日が明記されていない請求書
(3)支払期日が請求書の提出から151日以上先の請求書
(4)支払期日をはじめ契約自体が下請法などの法令に抵触している請求書
(5)個人宛の請求書
(6)額面で1万円未満(経費を除く)の請求書

反対債権とは、取引先に対して、自分も支払いの義務を追っているケースを指します。

個人事業主宛の請求書や、支払い期日が約5ヶ月以上先の請求書は買取できない点は注意が必要です。

ラボルの口コミ・評判まとめ

上場企業セレスが運営するlabol(ラボル)の口コミ・評判についてご紹介していきました。

多数のファクタリングサービスを利用したことがある筆者としても、labol(ラボル)のファクタリングは非常におすすめ。

手数料一律10%、オンライン完結、土日祝も利用OKであり、かつ、オンラインながら審査も柔軟に行なってくれる点は他社にはない魅力です。