ファクターズの口コミ・評判!利用手順や審査落ちの理由も紹介

ファクターズ 口コミ 評判

申請から入金まで最短4時間を謳うファクタリング会社「ファクターズ」。

しかし、ネット上にあまり情報が出ていないことから「本当に使って大丈夫な会社?」と疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

当記事では、ファクタリングプラスが独自に実施したファクターズ運営会社のインタビュー情報や、ネット上の口コミ・評判をもとに、ファクターズの実態についてまとめました。

ファクターズの利用を検討している方は、ぜひご一読ください。

ファクターズの特徴【審査スピード・手数料・買取可能額】

ファクターズ トップページ
項目 詳細
入金スピード 最短4時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料
  • 2社間ファクタリング :5%〜
  • 3社間ファクタリング 3%〜
対応エリア 全国
取引可能額 30万円〜3,000万円
申請書類
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 会社の業績が確認できる資料
  • 基本契約書
  • 個別の契約書や発注書、納品書、請求書
  • 過去の入金の確認ができる通帳
ポイント
  1. 審査通過率約94%
  2. 最短4時間で入金
  3. 守秘義務の徹底
  4. 無駄な手数料がない

特徴①:利用者の大半が個人事業主・フリーランス

ファクターズの利用者数の大半は、個人事業主やフリーランスの方です。

ファクターズ自体が個人事業主向けのアプローチを強化しており、法人に比べて信用力が低く見られがちな個人事業主やフリーランスの方も利用可能です。

特徴②:建設業・運送業の利用者が8割以上

ファクターズの利用顧客の8割は建設業・運送業です。

建設業・運送業は、仕事を受注してから実際に入金になるまでかなり長い時間がかかるため、ファクタリングの需要が大きい業界です。

ファクタリングのニーズが強い建設業・運送業のニーズをしっかり取り込んでいるのはファクターズの特徴です。

なお、 最近は、建設業・運送業だけではなく、WEB制作関連事業者の利用も増えてきているようです。

特徴③:申請から振込まで最短4時間

ファクターズの最大の特徴は、申し込みから振込まで最短4時間で完了することです。

ファクターズの平均買取金額は200万円から300万円。この金額帯で最短4時間振込まで完了するのが業界でもトップクラスのスピードといえます。

ファクターズの口コミ・評判

ファクターズの口コミや評判を紹介します。

結論、ファクターズの口コミは公式HP以外ではあまり見当たりませんでした。

今後、実際に当サイトで利用検証した結果をご紹介していく予定です。

良い評判・口コミ

神奈川県/建設業
総合評価:

請求書の買取を依頼してから現金化までが、ウワサどおりでほんとに早かった。

資金繰りに困ったらまた利用したいです。

引用:公式HP

静岡県/運送業
総合評価:

前年度の売上が思わしくなく赤字決算でしたが、請求書を即日買取ってもらえました。

銀行はダメだったのに本当に感謝しています。

引用:公式HP

石川県/広告代理店業
総合評価:

請求書の買取りというか、売掛金を買い取るファクタリング会社が多くある中、こちらの査定結果が一番高額でした。

引用:公式HP

Google、Twitterなど公式HP以外での口コミは見当たりませんでした。

悪い評判・口コミ

Twitterの口コミ
総合評価:

請求書の買い取りサービスとしてファクタリングというものがありまして、経営者なら興味ある人多いと思うんです。

僕も使ったことありますが、この「ファクターズ」はずば抜けてヤバイです。ええ、かなり質が悪い方向で(笑)そもそも担当者が日本語通じない

引用:Twitter

スタッフとのやりとりに関して、不満を感じた方がいたようです。

その他、Google、Twitter、掲示板などで口コミを探しましたが見当たりませんでしたが、ファクターズの利用にはいくつかの注意点が必要です。

利用前にはチェックしておきたい項目ですので、こちらも確認していきましょう。

ファクターズを利用する際の2つの注意点

注意点は以下の2点です。

  • 請求金額が10万円未満の少額債権は買取できない
  • 直近2,3ヶ月以内に金融事故を起こしている場合は審査落ちの可能性大

①:請求金額が10万円未満の少額債権は買取できない

HP上では、ファクターズの買取金額の下限は30万円からとされていますが、実際には10万円台後半、20万円台の請求書の買取実績はあるようです。

しかし、さすがに10万円を下回る請求書の買取りには対応をしていないとのこと。(参考:当サイトの独自インタビュー調査)

1万円〜10万円の少額債権を現金化したい方は、少額でも利用できるファクタリング会社を利用してみましょう。

②:直近数ヶ月以内に金融事故を起こしている方は、審査落ちの可能性大

代表が直近2〜3ヶ月以内に債務整理や自己破産といった金融事故を起こしている場合、審査落ちしてしまう可能性が濃厚です。

2社間ファクタリングは、お客様に集金代行をしていただくことになるため、利用者の方の信用度も当社にとっては重要な点です。

1年以上前の金融事故であればそれ程問題ありませんが、直近数ヶ月以内となると、審査落ちの可能性は高くなってしまいます。

(引用:ファクターズの運営会社・ワイズコーポレーションに取材してきた!

1年以上時間が経過していればそれ程問題ではないということですので、金融事故を起こしたことがある方は期間に注意してください。

ファクターズの運営会社、ワイズコーポレーションとは?

ワイズコーポレーション 会社HP
会社名 株式会社ワイズコーポレーション
所在地 東京都豊島区池袋2-53-12 ノーブル池袋 3F
代表者  馬込 喜弘
設立日 2017年3月
連絡先 03-5826-8680
事業内容 中規模・小規模事業者への各種ファクタリングサービスの提供

ワイズコーポレーションは、2017 年に設立された比較的新しいファクタリング業者です。

ファクターズの他、ファクタープラン、請求書買取りペイなど、複数のファクタリングサービスを運営しています。

運営元は同じですが、ターゲットとする利用者に応じて、複数の窓口を用意しているようです。

ファクターズの場合は、主に個人事業主・フリーランスからの買取を積極的に行っている点が特徴です。

ファクターズのファクタリング申し込み手順

実際にファクターズを利用する手順を画像付きで解説していきます。

ファクターズ 利用の流れ

ステップ①:HPから無料見積もり

ファクターズ 利用手順1

まずはファクターズの公式HPから無料見積もりをしましょう。

無料見積もりの入力内容は以下の通りです。

  • 請求書の額面
  • 現金化希望日
  • エリア
  • 会社名
  • 電話番号(携帯電話も可)
  • メールアドレス
  • 備考

質問事項や特別な事情があれば、備考欄に記載をします。

ステップ②:電話での簡単なヒアリング

問い合わせ後にファクターズから電話がかかってきます。

電話にて、会社名や請求書の額面、売掛先との関係などについて簡単なヒアリングと必要書類の案内があります。

ステップ③:審査書類の送付

審査の必要書類をメール、FAX、LINEのいずれかで送ります。

  • 通帳のコピー
  • 請求書

上記2点に加えて、注文書・契約書・確定申告書・決算書といった追加書類が必要なケースもあります。

ステップ④:Zoom面談&クラウドサインで契約

審査通過後、ファクターズでは必ずZoom面談を実施しています。

Zoom面談が無事終了したら、クラウドサインで契約・入金です。

契約時に必要な書類は以下の通りです。

  • 契約書
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書(場合によっては不要なケースもあり)

※30万円〜50万円程度の少額であれば、通帳コピー、請求書、契約書だけでOKの場合もあり

ファクターズの口コミ・評判まとめ

ファクターズはあまりネット上でも情報が出てこないファクタリング会社です。

口コミ・評判数も少ないですが、当サイトのインタビューでは、Zoom面談を必ず実施していることも判明。こちらは利用者にとって安心できる材料だと思います。

また、ファクタリング会社には珍しく個人事業主の利用も歓迎している点も特徴です。

30万円〜100万円程度の売掛金を持っており、顔を見た上で契約をしたい方にはファクターズは合っている1社といえそうです。