取引先の資金繰りが悪化!緊急事態を乗り切った社長のファクタリング体験談

主要取引先が突然の資金難に。次の入金予定までは数ヶ月先。。そんな状況に陥ったのは製造会社を運営している社長Aさん。

そんな時に知り合いから聞いたのがファクタリングだったとのこと。

初めてのファクタリング会社選びで苦労したこと、ファクタリング業者を選んだ決めてなどについてお話を伺ってみました。

  • 業種:製造・メーカー
  • ファクタリングの種類・・・2社間
  • 売掛金額・・・60万円
  • 買取金額・・・54万円
  • 利用したファクタリング会社・・・株式会社三共サービス
  • 資金調達までの期間・・・2日〜3日

主要取引先が支払い遅延、新たな開拓先を探すも・・・

Q.まずはじめに、ファクタリングを利用しようと思ったきっかけを教えてください。

もともとは既存の顧客との取引だけで売り上げを得ていたのですが、そのうちの1社が資金繰りに困っているようで、商品の代金が遅れるようになってきました。

こちらとしても余裕があるわけではないので、慢性的に遅れられて困っていました。

そこで私含め、何名かの社員が他社に営業をかけて新しい取引先を獲得しました。

しかしそこの会社に商品を納入して、代金を得られるようになるのは数か月先のことになってしまいます。

そこでどうしようかと悩んでいる際に知り合いから勧められて検討しました。

Q.初めてのファクタリング。利用前に不安に感じることはありませんでしたか?

ファクタリングについて調べていくと、なかなか法律的にもグレーな行為だということを知り少し不安になりました。

また、支払いの遅れている取引先からの入金が途絶えてしまった場合はどうなのかと不安になっていましたが、その辺の対応まで事細かに教えていただけたので最終的に任せることにしました。

【関連記事】ファクタリングは違法?貸金業法には違反していない?

費用の安さが決め手!2社間ファクタリングを手数料10%で利用できた

Q.どちらのファクタリング会社を利用しましたか?また、なぜその会社を選んだのですか?

利用したのは、株式会社三共サービスさんです。理由は手数料が安いからです。

まず、手数料の少ない会社を探すのには苦労しました。

中には、2-30%も手数料を取られるところもあり流石にそれは多すぎるなと思いました。

もちろん少しでもお金が欲しいというのはありましたができれば10%以内で出来ればなと考えていたところ、三共サービスさんを見つけて無事60万円の売掛金を54万円(手数料10%)で買い取っていただくことが出来ました。

Q.ファクタリングを利用する上でどのような書類が必要でしたか?

1. 通帳コピー
2. 売掛先への請求書
3. 身分証明書コピー
4. 法人の印鑑証明
5. 個人の印鑑証明
6. 取引先との契約書

です。

Q.三共サービス様のファクタリングを利用してみていかがでしたか?

サービスに関しては非常に満足のいくものを受けられたと思います。

初めて依頼するサービスだったので、わからないことだらけで足元をすくわれる心配もしていましたが、すごく親切に話を聞いていただき他社に比べて必要書類も少なくて助かりました

Q.ファクタリングを利用して良かったと思いますか?

私共の会社では結果的に使用してよかったと感じています。

近い将来に大きな入金があったりする場合には、このサービスを利用してもいいと思うのですが、慢性的な金銭不足ならば他で努力して会社を立て直そうとしたほうがいいと思います

本質は消費者金融とそんなに変わらないので利用には気を付けたほうがいいとは思います。

取材後記:慢性的な資金不足は、根本的な解決が必要

「ファクタリング漬け」という言葉をご存知でしょうか。

これは、資金難からファクタリングを何度も繰り返し利用し続けてしまう状況のことです。

慢性的な資金不足の状態を回避しようとファクタリングを利用するのは、結果として自分の首をしめることに繋がります。

Aさんも仰っていたように、ファクタリング手数料は、通常の貸金業法の金利からみるととても高くなります。

ファクタリングは応急処置にすぎません。業績が悪化したら、根本的な原因をみつけそれまでの解決までの頼りづなとしてファクタリングを利用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ファクタリングの手数料はいくら?適正相場と料金交渉のコツ