回し手形(裏書手形)とは?特徴・注意点やファクタリングとの違い

今回は、回し手形(裏書手形)と呼ばれる手形決済についてご紹介していきます。

回し手形を利用することで自社の資金繰り悪化を一時的に防ぐことができます。

上手に利用できればキャシュフローの改善に一役買ってくれますが、利用には注意点もあります。

また、手形決済の他、緊急時の資金調達方法としてファクタリング(売掛債権の買取)を検討している方もいるのではないでしょうか。

本記事では、回し手形の特徴・注意点からファクタリングとの違い、資金調達するならどっちがおすすめ?といった点を解説していきます。

資金繰りにお困りの経営者様に役立つ内容です。ぜひご参考になさってください。

回し手形(裏書手形)って?手形割引とは違う?

よく混同される回し手形(裏書手形)と手形割引ですが、具体的な違いを解説します。

廻し手形は、受け取った手形を他社に渡す決済方法

回し手形(廻し手形)とは、A社から受け取った手形をそのまま別のB社に渡す決済の方法です。これを手形の裏書とも呼びます。

手形は、一般的に振出人を債務者として、受取人へ期日までに一定金額を支払うことを約束した有価証券です。

この手形を第三者に譲渡した際には、手形の裏面に譲渡の経過を記載し、裏書人として支払い保証を行います。

手形割引は、期日前手形を現金化する方法

廻し手形と手形割引を混同される方がいらっしゃいますが、これらは全く内容が異なるものです。

手形割引は、自社が受け取った約束手形を金融機関にお願いして期日前に現金化してもらう資金調達方法の一種です。

現金化の際には、支払い期日までの日数から一定利息を差し引いた金額を受け取れます。

手形の渡し先はメガバンク・都市銀行・信用銀行・信用金庫などの金融機関です。

一方、回し手形は取引決済を手形で行えるものの、手形自体を現金化する方法ではありません。

回し手形を利用する際の注意点

回し手形を利用することで現金を減らさずに取引を行うことができるので、資金繰りの面では効果的です。

しかし、利用にあたってはいくつかの注意点がありますのでご説明します。

注意点は以下の3つです。

  1. 取引先企業へ事前に了承を貰う必要がある
  2. 振出先の信用力・支払期日次第で利用できない可能性あり
  3. 手形が不渡りになった際に支払い義務を負う

詳しくご説明していきます。

注意点①:取引先企業へ事前に了承を貰う必要がある

まず、回し手形を利用する際には、事前に取引先に了承を貰う必要があります。

そのため、急に「今回の支払いは回し手形で」といった使い方はできないので注意しましょう。

また、回し手形を使う=資金繰りに困っている会社なのではないか?といった不安を抱かせてしまうこともあるかもしれませんので注意が必要です。

注意点②:振出先の信用力・支払期日次第で利用できない可能性あり

手形の銘柄によっては、取引先企業に回し手形による決済を了承してもらえない可能性があります。

手形の銘柄とは、簡単にいうと支払企業の信用力のことです。

支払義務のある会社の信用力が低く、期日までに支払ってくれるか怪しい場合、取引先企業から受け取りを拒否される可能性もあります

また、支払い期日がかなり先で現金化タイミングが遅れそうな手形についても、受け取り企業の資金繰り・キャッシュフローを悪化させる可能性があります。

同様に受け取りを了承してもらい可能性があることを覚えておきましょう。

注意点③:手形が不渡りになった際に支払い義務を負う

最大のリスクは、手形の不渡りリスクです。

手形振出先の会社が期日までに支払いをしなかった場合、その支払い義務は、自社が負います。これを償還請求権と呼びます。

回し手形にはこの償還請求権がつき、支払い先企業が払わなかったら自社が保証しなければならない義務があるのです。

回し手形のリスクを回避できるファクタリングとは?

ファクタリングは、最近中小企業・ベンチャー経営者の中で注目されている資金調達方法の一種です。

ファクタリングは、ファクタリング業者に自社が保有している売掛債権を買い取ってもらい、早期に現金化する調達手法です。

手形割引の売掛債権版と考えると良いと思います。

ただし、ファクタリングの場合は、償還請求権がないため、仮に売掛債権を買い取ってもらった後に売掛先から入金がなくても自社の返済義務は一切ありません

【関連記事】手形割引とファクタリングの違い!割引率や不渡りリスクは?

売掛先企業に一定の信用力があれば自社の経営状況・信用情報に関係なく資金調達できる方法として、近年利用者が増えています。

回し手形とファクタリングはどっちがおすすめ?

回し手形の最大のリスクである「償還請求権」や「取引先企業へ事前了承を得る必要がある」等の注意点を踏まえると、一時的な資金調達であれば、ファクタリングの方がおすすめといえるでしょう。

通知先に回し手形など現金以外での支払い手段を伝えることは、場合によっては、今後の取引に大きく関わってきます。

利用企業とファクタリング会社の2社で取引が完結する2社間ファクタリングであれば、取引先への通知義務もありませんので安心して利用することが可能です。

ファクタリングに興味がある方は、以下の記事なども参考にしてみてください。

【関連記事】ファクタリングとは?仕組みと活用方法をわかりやすく解説

【関連記事】ファクタリングの手数料相場はいくら?適正価格と内訳を解説

回し手形まとめ

回し手形は、現金を減らさず決済ができる便利な手段なので、使い方によっては大きなメリットを得ることができます。

しかし、同時に不渡りリスクを自社が負うことになるなどのデメリットも理解した上で活用することが大切です。

Smart Funding(スマートファンディング)では、こうした経営者の方のための資金調達の正しい知識をご紹介しています。ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

【関連記事】個人事業主OKのファクタリング会社厳選まとめ