ファクタリングの手数料相場はいくら?適正価格と内訳を解説

売掛債権をもとに最短即日で資金調達できるファクタリング。

中小・ベンチャー企業にとっていざという時に役立つ資金調達手法ですが、具体的に手数料はどれくらいかかってくるのでしょうか?

ファクタリングは融資と違い、売掛債権の売買という特殊な性質を持っているため、融資などにはない費用なども発生してきます。

ここでは、ファクタリングの手数料をわかりやすく解説していきますので、これから利用を検討されている方はぜひご参考にしてください。

2社間・3社間ファクタリングの手数料相場

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは、企業が売上として保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取り、現金化できる最も一般的なファクタリングです。

帳簿上の負債を増やすことなく、手持ち現金を増やす資金調達方法として、中小企業経営者から注目を浴びています。

この2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、大きく手数料が異なります。

  • 2社間ファクタリング 10%〜20%
  • 3社間ファクタリング 1%〜5%

両者で手数料が大きく違うのは、ファクタリング会社が抱えるリスクが異なるからです。

2社間ファクタリングは一度、売掛先から利用企業に入金がいき、利用企業から代金を受け取るため、ばっくれなどの未入金リスクが高まります

そのため、2社間ファクタリングの方が手数料が高くなっています。

では、手数料を比較すると3社間ファクタリングが良いように思えますが、3社間ファクタリングの場合、売掛先企業に債権譲渡のことを伝える必要があります

したがって、「この会社は倒産寸前なのかも」「キャッシュフローが回っていないのか」と取引先の心証を悪化させてしまう恐れがあります。

ファクタリングで手数料以外にかかる費用

ファクタリング利用の際は、手数料以外に経費が発生するケースもあります。

ただし、業者によっては、費用を手数料に組み込むところなどもあるため、詳細は各ファクタリング会社に問い合わせてみてください。

費用①:着手金・事務手数料・審査料

  • 0円〜5,000円

ファクタリング業者が債権買取を行う際には、必要書類(納税証明書・個別契約書・入出金履歴・決算書・確定申告書・発注書・請求書etc)を集めて、信用調査や審査を行います。

ほとんどのファクタリング会社では審査料や着手金は無料ですが、業者によっては、こうした審査に人件費がかかるため、一部金額発生するケースがあります。

費用②:収入印紙税

  • 0円〜20万円

ファクタリング会社と契約を結ぶ際は、収入印紙税が必須です。金額は法律によって定められていますので、どこの業者でも再異はありません。

具体的な金額は国税庁の印紙税額表をご覧ください。

費用③:債権譲渡登記費用

  • 5万円前後

債権譲渡登記とは、ファクタリング会社へ売掛債権を譲渡したことを登記することです。

主に2社間ファクタリングにおいて、何かが起こった際(債権不履行や入金の持ち逃げ等)に、ファクタリング会社が債権の保有者は自分だと公式に申し出るために行います。

登記には、登録免許税や司法書士への報酬、公正証書の作成費用などがかかります。

自社で行う場合は不要です。

ファクタリング手数料を安く抑える業者との交渉のコツ

上記の通り、手数料以外の費用がかかるケースもありますが、基本的にはファクタリングの手数料を安く抑えることが削減の近道です。

ファクタリング会社により良い債権であることを示すことができれば、手数料を抑えられる可能性があります。ここでは業者との交渉のコツをご紹介します。

コツ①:売掛先と継続的な付き合いがあることを示す

売却しようとしていいる売掛債権の相手(売掛先企業)が、初回取引ではなく、これまで長く付き合いがある会社の場合、継続契約してきた実績を提示しましょう。

ファクタリングの仕組みでご紹介した通り、業者にとっての最大のリスクは取引先企業が期日に支払いを実行してくれるかどうか。

初めての取引先との売掛債権よりも懇意にしているビジネス先への債権の方が業者にとっても安心材料になります。

コツ②:銀行やノンバンクへの返済実績をアピールする

過去に融資や借入実績があると、中には良くない印象を与えてしまうのでは?と危惧する人も多いと思います。

しかしビジネスにおいては多くの場合、融資等の返済実績は「プラス評価」になり、信用度アップに繋がります。

特に2社間ファクタリングの場合は、契約を結ぶ皆さんが行方をくらまさず、しっかりと返済してくれる人であるという信頼が大切です。

過去の返済実績があれば、審査時にぜひ提出しておきましょう。

コツ③:売上規模に対して適切な希望金額を提示する

買い取ってもらえる売上債権は、利用企業の売上規模に比例して制限されるケースがあります。

月商100万円の企業が1,000万円の債権を買い取って、というのと月商1億円の企業が1,000万円の債権を買い取ってというのでは、リスクや信頼度が変わってきます。

そのため、最初から売上規模から乖離した多額の希望金額を伝えてしまうと、「お金がなくなって自暴自棄になってるのかな?ちょっと不安だから手数料を高めに徴収しておこう」となってしまうのです。

【関連記事】ファクタリングの審査基準とは?融資と異なる審査ポイントを解説

法外な手数料を請求!?悪質ファクタリング会社に注意

現在、日本ではファクタリング会社になるための審査や基準は特に設けられていません

そのため、なろうと思えば誰でもファクタリング会社へなれるため、参入障壁が低く、残念ながら中には悪徳と呼ばれる業者も存在します。

皆さんがこうした悪徳業者に引っかからないためのポイントをご説明します。

悪徳業者の手口とは?高利貸しで逮捕の事例あり

ファクタリング会社の詐欺手口を理解しておきましょう。

だいたいの悪徳業者は、ファクタリングの仕組みを理解できていない利用者との情報格差を利用して多額の手数料をとろうとしてきます。

手口は様々ですが、最近ニュースで話題になったのは、ファクタリング会社を名乗りながら、高利貸しをしていたケースです。

契約上は売掛債権担保融資としており、法外な金利を搾取し続けていたということで、出資法違反で業者が逮捕されました。

正式にはファクタリングは「債権譲渡契約」になるため融資ではなく、貸金業法の適用外です。

こうした悪徳業者に騙されないためには、利用前にしっかりとファクタリングの仕組みを学んでおくことが大切です。

以下の記事ではより詳しい悪質業者の手口と対策を解説しています。

【関連記事】ファクタリングは違法?貸金業法には違反していない?

提示された手数料が適正か見極める方法

初めてファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社から提示された手数料が妥当かどうか見極めが難しいと思います。

まず、初めての方は必ず3社程度に相見積もりをしましょう。

資金ショートなどで気持ちが焦ってしまうこともあると思いますが、それでヤミ金などの悪質業者に捕まったらさらなる痛手を負ってしまいます。

多少手間かもしれませんが、詐欺に引っかからないためにも複数業社への依頼がおすすめです。

手数料が安いおすすめファクタリング会社4選

手数料が安いおすすめファクタリング会社をご紹介します。

ファクタリングを利用する際は、手数料の多寡に加えて、「安心して利用できる」「買取実績が豊富」なファクタリング会社を選ぶことが大切です。

以下でご紹介するファクタリング会社はいずれも実績・信頼度抜群のファクタリング会社ばかりなのでハズレがありません。

アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2%〜20%
対応エリア 全国可能
取引可能額 30万円から3,000万円
特徴
  1. 審査通過率93%!柔軟審査が特徴
  2. 可能な限り最短入金を目指すスピード対応がウリ
  3. 30万円からの少額債権の買取OK

アクセルファクターは、スピード対応・柔軟審査が売りのファクタリング会社です。

最短即日入金対応かつ、業界最安水準の格安手数料(手数料2%〜)を特徴としており、審査通過率93%と高い数値を誇っています。

HP上で謳っている通り、可能な限り最短入金を目指しており、仮に入金日は申し込みの翌日以降になる場合も具体的な入金予定日を教えてくれます。

他のファクタリング会社で買取を断られてしまった方や、とにかく急ぎで資金調達をしなければいけない方はアクセルファクターのファクタリングがぴったりです。

ファクターズ

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 最短4時間で入金
個人事業主(自営業)の利用
手数料
対応エリア 全国出張可能
取引可能額 30万円〜3,000万円
特徴
  1. 最短4時間!午前中の申込で15時までに入金
  2. 初回は出張費、見積もり費、書類作成など全て無料
  3. 請求書の審査通過率93.4%

ファクターズは、特急審査を売りにしたファクタリング会社で、申し込みから入金まで最短4時間で完了するスピード対応が特徴です。

初めてファクターズのファクタリングサービスを利用する方は、出張費や各種書類作成費などの手数料以外の諸費用は全て無料!

請求書の審査通過率93.4%と他社と比べても柔軟に買取をしてくれる点が嬉しいですね。

ビートレーディング

ビートレーディング ファクタリング 福岡

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 申込から入金まで最短12時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2社間ファクタリング:5%〜20%

3社間ファクタリング:2%〜9%

対応エリア 全国
取引可能額 30万円〜3億円(過去には10万円〜7億円までの買取実績あり)
実績
  • 利用者数:4,610社(2018年)
  • 取扱高:124億5,000万円(2018年)
  • 累計買取額:400億円以上
特徴
  1. ファクタリング実績全国トップクラス
  2. 日本全国対応!地方企業も活用可
  3. 必要書類は3点のみ!最短30分で審査完了のスピード査定

ビートレーディングは、月間契約数400件・累計買取金額400億円・累計利用者数1.6万社を誇る有名ファクタリング会社です。

公式HPをご覧になれば分かる通り、ビートレーディングは代表・スタッフの顔写真やオフィス写真を全て公開しています。

信頼できるファクタリング会社であることはもちろん、資本力も高いため、高額な売掛債権の買取にも応じています。

熟練されたスタッフが丁寧かつスピーディーに対応してくれ、最短で申請から12時間で現金化が可能です。

緊急の資金調達をお考えの経営者・個人事業主の方にはまずおすすめできるファクタリング業者です。

OLTA(オルタ)

OLTA オルタ ファクタリング

【おすすめ度】

公式HPはこちら
項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2%〜9%
対応エリア 全国
取引可能額
取引実績 申込金額累計100億円突破
特徴
  1. WEB上で全ての手続きが完結する話題のクラウドファクタリング
  2. 最短24時間で請求書現金化
  3. 手数料は業界最安水準の2%〜10%

OLTAは、三菱UFJ、SMBC、みずほ銀行をはじめとする複数の金融機関から資金調達を受け、日経新聞などでも取り上げられた話題のクラウドファクタリングサービスです。

面談不要、完全オンライン審査で24時間以内にお手元の請求書を現金化することができます。

さらに2社間ファクタリングでありながら、手数料は2%〜9%と業界最安水準。

無料登録をしていれば利用可能ですが、freeeやマネーフォワードなどのクラウド会計を使っていたり、オンラインバンキングを利用しているなどがあれば、より買取通過率や手数料が改善される仕組みのようです。

その他のおすすめファクタリング会社は以下でもご紹介しています。

【関連記事】即日入金OKのおすすめファクタリング会社比較一覧

複数のファクタリング会社に見積もり、手数料相場を掴もう

今回は、ファクタリングの手数料や諸費用に関してご説明をしました。

ファクタリングはまだ日本では未成熟な業界なので、適正相場が定まっておらず、情報も多くは公開されていません。

そのため、利用の際には、1社に絞るのではなく、複数の業者へ相見積りしてみるのがおすすめです。

本記事を参考にして、適切なファクタリング会社選びをしていただけると幸いです。