審査が甘いファクタリング会社はどこ?通過率90%以上の業者厳選!

ファクタリングは、他の資金調達手段と比べて審査基準が柔軟です。

赤字や税金滞納中の会社、信用ブラックの方でも利用することができますが、審査が柔軟だからといって、どんな売掛債権でも買い取ってもらえるわけではありません。

「必要書類が不足していた」「売掛金が業者の買取最低額に満たなかった」等の理由から、買取を断られてしまう方もいらっしゃいます。

今回は、審査通過率90%以上のおすすめファクタリング会社をご紹介します。もちろん、信頼できる会社のみ厳選してますのでご安心ください。

また、ファクタリング審査を通すためのポイントも解説していますので、ぜひご参考にしてください。

※本記事は法人・個人事業主向けのファクタリング会社をご紹介しています。会社員・パート・アルバイトの方が使える給料ファクタリングについては、以下の記事をご覧ください。

【関連記事】おすすめ給料ファクタリング会社2社厳選【本当に困った時だけ】

買取率90%以上の優良ファクタリング会社ランキング!

まずは審査通過率が高いファクタリング会社をランキング形式でご紹介していきます。

【おすすめのファクタリング利用方法】

なるべく確実にファクタリングを利用して資金調達したい方は、まず審査通過率が高く、スピード審査をしてくれる「アクセルファクター」「ファクターズ」の2社で無料査定してみることをお勧めします。

複数社に相見積を出すことで審査に影響がでることはありません。少しでも買取確率を高めたい方はぜひお試しください。

1位:アクセルファクター

アクセルファクター ファクタリング

span class=”bold”>【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2社間ファクタリング:2%〜20%
対応エリア 全国出張可能
取引可能額 〜3,000万円
審査通過率 93%
特徴
  • 最短即日入金対応
  • 業界最安クラスの手数料

アクセルファクターは、スピード対応・柔軟審査が売りのファクタリング会社です。

最短即日入金対応かつ、業界最安水準の格安手数料(手数料2%〜)を特徴としており、審査通過率93%と高い数値を誇っています。

可能な限り最短入金を目指しており、仮に入金日は申し込みの翌日以降になる場合も具体的な入金予定日を教えてくれます

他のファクタリング会社で買取を断られてしまった方や、とにかく急ぎで資金調達をしなければいけない方はアクセルファクターのファクタリングがぴったりです。

2位:ファクターズ


【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 最短4時間で現金化可
個人事業主(自営業)の利用
手数料
対応エリア 全国出張可能
取引可能額 〜3,000万円
審査通過率 93%
特徴
  • 最短4時間で売掛金を現金化
  • 24時間365日受付中

ファクターズは、申し込みから入金まで最短4時間で完了するスピード対応が特徴のファクタリング会社です。

請求書の審査通過率93%と他社と比べても柔軟に買取をしてくれる点が嬉しいですね。

また、初回利用時は出張費、見積費、書類作成代など全て無料となっています。

3位:ベストファクター(Best Factor)

ベストファクターのファクタリング

【おすすめ度】

項目 詳細
即日対応 最短1日
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2社間ファクタリング:2%〜20%
対応エリア 全国出張可能
取引可能額 30万円から1億円
審査通過率 92.2%
特徴
  1. 業界最低水準の手数料2%〜
  2. 買取金額の1%キャッシュバックキャンペーン中
  3. 売掛金買取可能か5分で分かるスピード査定

ベスト・ファクターは、審査通過率92.2%を誇る優良ファクタリング会社です。

手数料が安いだけではなく、請求書買取金額の1%をキャッシュバックするキャンペーンを行っていますので、なるべく余計な費用をかけずに現金化したい方にはおすすめです。

HP上には30秒でわかる売掛債権の手数料簡易診断シミュレータがありますので、お手元の請求書を見積もってみたい方ぜひお使いください。

4位:トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイ 福岡 ファクタリング
項目 詳細
最短入金 即日
個人事業主・自営業の利用 不可
手数料 3%〜20
対応エリア 九州・中国・関西エリア
買取最低額・最高額 最低50万円〜最大5,000万円(初回利用時は限度額1,000万円)
審査通過率 95%
特徴
  1. 来店不要で利用可(初回利用時は対面必須)
  2. 新規契約3万円キャッシュバック中
  3. 申し込み後の契約率95%

トラストゲートウェイは、九州・中国・関西エリアの法人に対応しているファクタリン会社です。個人事業主・自営業の方はご利用できません。

高い審査通過率に加えて、新規契約で3万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中。

西日本でファクタリングをお考えの方へおすすめしたい1社です。

ファクタリング審査を一度で通すためのポイント

急ぎで資金調達を考えている時に何度も審査に落ちたり、審査に時間がかかってしまっては、元も子もありません。

ここでは債権買取をスムーズに進めるためのポイントを解説します。

①:仮審査中に必要書類を事前に揃えておく

ファクタリング審査に必要な書類は一般的に以下の通りです。

必要な書類はファクタリング会社によって変わりますが、一般的に簡易審査と本審査では必要な書類は異なります。

最初の簡易審査をお願いする段階で契約に必要書類を確認しておくことをおすすめします。

(※表は横にスクロールできます)

必要書類 詳細 取得場所
身分証 運転免許証、パスポートなど代表者の身分証明書、住民票など 自社
商業登記簿謄本 発行から3ヶ月以内のものが必要 法務局
印鑑証明 契約書の押印時に必要 法務局
決算資料(試算表や確定申告書) 税務申告済の決算書(個人事業主は確定申告書)。決算から半年経過していると試算表が必要な場合もあり 自社
入出金がわかる銀行通帳 取引先から継続的な受注があるかの確認と現金残高の確認 自社
納税証明書 税金滞納でも利用できるが、差し押さえリスクがないかの確認 税務署
取引先からの入金日が分かる資料 取引先との契約書や売掛金・入金日がわかる請求書・発注書など 自社

②:複数社に見積もりをお願いする

ファクタリング業界は、現状明確な業界ルールが定まっていないため、会社によって審査基準が異なります。

そのため、1社で買取拒否された債権が、別の会社では買取OKだった。という事例が少なくありません。

もし迅速かつ確実に買取を行うのであれば、2〜3社程度のファクタリング会社で相見積を出すことをおすすめします。

もちろん、1つの債権を複数の会社に譲渡するのは違反にあたり、場合によっては詐欺罪として刑事告訴される可能性がありますので絶対やめてください。

なお、カードローン等と違い、現状ではファクタリング間の情報共有は行われていません。そのため、同時に見積を出したからといって審査通過率に影響は一切ありません

③:買取最低額に満たない場合、請求書の合算で対応する

個人事業主・自営業の方では、ファクタリング会社が設定する買取最低金額に満たないため、買い取ってもらえないというケースがあると思います。

これを避けるには、複数の債権を合算する方法で対応する必要があります。

売掛債権は合算してもOKなので、1枚の額が少額でも複数枚組み合わせて最低買取額以上にするという方法です。

事前に確認しておこう!ファクタリングの審査に通らない理由とは?

ファクタリング審査に通らない場合、どのような理由があるのでしょうか。代表的な例をご紹介します。

①:売掛債権が少額すぎる

まずは売掛債権が少額すぎる場合です。

ファクタリング会社にとって、買取金額が大きくても小さくても、業務にかかる工数は変わりません。

そのため、ファクタリング会社では最低買取金額を設定しており、多くの場合30万円〜ということが多いようです。

それ未満の債権は買い取りを拒否されることがあります。

②:債権のエビデンスが不十分すぎる

必要書類が足りずに売掛債権が存在するものと認めてもらえないケースです。

例えば、取引先とは口頭でのみしかやりとりしていなく、契約書がないといった場合が該当します。

このような場合、もし取引先とのメールやメッセンジャーでのやりとりが残っているのであれば、それをエビデンスとして提出することが認めてもらえる可能性があります。

もし本当に存在する債権なのに、書類が不足している場合は何か証明できる書類はないか探し、自分から提示してみることも一つの手です。

③:個人相手の債権である

個人相手の売掛債権の場合、債権の回収が法人と比べて困難であることから、ファクタリングは基本的に利用できません。

例えば、不動産賃貸業で個人からの債権があるといった場合でも、利用を断られてしまいます。

急ぎの方はビジネスローンを検討するのも1つの手

どうしてもファクタリングを利用できなかったという方は、ビジネスローンを検討するのも一考です。

ビジネスローンは、ファクタリングと同様に最短当日〜数日で資金調達ができ、銀行融資などより手続きも簡易なので急ぎの場合には有効です。

中でも法人・個人事業主向けローンとして知名度の高い「ビジネクスト」は、無担保・無保証、最短翌日に融資可能なビジネスローンです。

審査は完全オンラインで行われるので、ファクタリングで買取拒否されてしまった方は、ビジネクストを利用してみるのも良いと思います。

ただし、ビジネスローンの場合は、自社の経営状況や代表者の信用情報が審査に影響する可能性がありますのでその点はご留意ください。