資金ショートによる黒字倒産を回避するための緊急対策

「売掛金が期日通りに入金されない」「想定外の支出が発生した」「キャッシュフローがうまく回らない」など中小・ベンチャー企業経営者にとって、資金ショートは深刻な問題です。

人件費や取引先への買掛金、オフィス家賃、光熱費、銀行への返済、税金・社会保険料など、会社経営に必要な運転資金が確保できないと、会計上は黒字でも会社は倒産してしまいます。

「会社のお金が底をつきそう・・・・」という状況では、法人解散(破産)が頭をよぎることもあるかと思いますが、その前に経営者として、資金ショートを回避するための対策に全力を注ぐべきです。

本記事では資金ショート間近の会社が実践できる緊急回避策をまとめました。こちらの内容を参考に自社でできることを今すぐ実践してみてください。

資金ショートになると会社は倒産する?

資金ショートとは、一言でいうと運転資金が尽きることです。赤字経営=資金ショートではありません。

黒字倒産は、会計上は利益が出ているにも関わらず、入出金のタイムラグにより支出がかさみ、支払いができなくなることで発生します。

とくに手形の不渡りが2回起こると銀行口座が凍結されて、事実上、営業活動ができなくなり、倒産することになります。

つまり、会社が倒産するのは、赤字や債務超過ではなく、運転資金に回せる現金がなくなった時です

逆に事業が順調で運転資金さえ確保できれば、赤字であっても会社は倒産せずに済むということです。

【関連記事】税金滞納で融資審査が通らない時の資金調達方法まとめ

資金ショートを回避するための緊急対策3点

資金ショートが起きた時は、まず以下のことを考えましょう。

  • 今後数ヶ月以内の入金額と入金タイミング
  • 今後数ヶ月以内の支出額と支出タイミング

そして、いつまでにいくらのキャッシュがあれば資金ショートせずに済むか具体的な金額を算出しましょう。

金額が判明したら、キャッシュを得るための方法を検討します。

回避するための方法は大別すると以下の3つです。

  1. 売掛金の入金タイミングを早める
  2. 出金タイミングを遅らせる
  3. 資金調達を行う

それぞれの具体的な内容を解説していきます。

資金ショート回避策①:売掛金の入金タイミングを早める

翌月、翌々月に入金予定の売掛金があれば、入金タイミングを早めてもらえないか取引先に掛け合ってみましょう。

その他、債権回収が滞っている会社があれば、入金催促をしたり、懇意にしている会社であれば、後払いの一部を手付金でもらうなどの調整も検討してください。

「キャッシュフローが回ってないのかな」と取引先から思われる可能性もありますが、まず第一に優先するべきは倒産回避です。背に腹は代えられません。

資金ショート回避策②:出金タイミングを遅らせる

直近で支出予定があれば、出金タイミングをできるだけ遅らせましょう。ただし、支出の中には後回しにしてはいけない支出もありますので、注意が必要です。

緊急時の支払い優先順位は以下の通りです。

  1. 手形
  2. 社員・バイト・パートへの給料
  3. 取引先への支払い
  4. 税金・社会保険料
  5. 銀行借入の返済

とくに倒産に大きく影響する手形の支払いと従業員への給与は、最優先で支払うべき支出です。これらを遅らせて他の支出に回すのは避けましょう。

具体的に後回しできる支出としては、以下になります。

取引先への買掛金

取引先へ支払い猶予してもらえないか相談しましょう。

初回の申し出であれば、受け入れてくれる会社は少なくないはずです。ただし、何度も繰り返し延期していては信頼を失い、取引停止に繋がりかねません。

また、仕入先企業が上場企業・大手企業であった場合は、支払い猶予を申し出た瞬間に取引が終わる可能性もありますので注意してください。

税金・社会保険料

税金や社会保険料は、必ず納付しなければいけない支出ですが、業績や資金繰り状況に応じて、分割払いや期日の延期は相談可能です。

税務署や日本年金機構の職員も、理由が具体的でハッキリしていればしっかりと対応してくれます。

しかし、無理な返済計画を申し出てそれが受理されても、次に支払いができなければ強制執行の可能性が出てきます

相談する際は、いくらであれば支払いできるのが具体的な金額ベースで行いましょう。

銀行借入の返済(リスケジュール)

民間銀行(プロパー融資・保証協会の保証付き融資)や公的金融機関(日本政策金融公庫)から融資を受けている場合は、銀行へリスケジュールを依頼してみましょう。

リスケジュールとは、一時的に返済を利息のみにしてもらったり、場合によっては減額してくれるなど当初の借入条件を変更することです。

具体的なリスケジュールのメリット・デメリットは以下の記事で解説しています。

【関連記事】リスケジュールのメリット・デメリット!成功率はどれ位?

資金ショート回避策③:資金調達を行う

入金タイミングを早めて、支出を遅らせても、事業資金が足りない場合は、資金調達を実施する以外ありません。

ここでは、資金ショート間近の会社が検討するべき資金調達手段を5つご紹介します。

  1. 金融機関の追加融資
  2. 社長・役員から会社への貸付
  3. ファクタリング
  4. 有休資産の売却
  5. ノンバンクからの借入

詳しく解説していきます。

金融機関の追加融資

赤字・債務超過中の会社だと金融機関からの追加融資は現実的にかなり難しいです。

しかし、黒字経営で直近のキャッシュ不足さえ乗り切れば、経営が軌道に乗っていく見込みがあれば、それまでのつなぎ融資として貸付を実施してくれる可能性があります。

銀行からの融資・借入が断られた方は、別の資金調達方法を検討しましょう。

【関連記事】日本政策金融公庫で追加融資を受ける条件と審査のコツ

社長・役員から会社への貸付

中小企業の多くは、社長や役員の個人の私財を会社へ貸し付けています。

緊急時は、個人的にお金を入れても良いでしょう。

注意点としては、役員借入で得た資金は負債となるので自己資本比率が下がり、後々金融機関から融資を受ける際にネックとなることがあります。

ファクタリング

「売掛債権はあるけど、入金タイミングを早められない」という場合に有効なのが、ファクタリングです。

ファクタリングは、売掛債権を業者に譲渡して買い取ってもらうことで債権を現金化する方法になります。

早い場合は申し込み即日、遅くとも1週間以内にはキャッシュが手に入るので、緊急時におすすめの資金調達手段といえます。

優良ファクタリング会社はこちらからチェックしてください。

有休資産の売却

会社が持っている資産を売却して資金調達する方法です。

資産には、以下のようなものが挙げられます。

  • 土地
  • 不動産
  • 定期預金
  • 機械・設備
  • 生命保険
  • 社用車
  • ゴルフ会員権
  • リゾート会員権

etc

売却金額を得られるだけではなく、資産の維持にかかっていた税金や管理維持費の削減に繋がるメリットがあります。

また、自己資本比率が改善されるため、融資審査でも評価が上がる可能性があります。

ノンバンクからの借入

銀行からの融資を断られた場合は、消費者金融やクレジット会社・信販会社のカードローン などを利用する手があります。

銀行と比べると審査ハードルは下がり、状況次第では、最短即日融資を受けられるのがメリットです。

ただし、民間銀行や国金はノンバンクからの借入がある状態を好かないため、金融機関からの融資には悪影響を及ぼします。

売掛債権があれば利用可!優良ファクタリング会社厳選

ファクタリングを利用する際は、「安心して利用できる」「買取実績が豊富」なファクタリング会社を選ぶことが大切です。

以下でご紹介するファクタリング会社はいずれも実績・信頼度抜群のファクタリング会社ばかりなのでハズレがありません。

1位:ビートレーディング

2位:ファクターズ

3位:ファクタリングのトライ

1位:ビートレーディング

【おすすめ度】

【ビートレーディングの特徴】

  1. 業界トップクラスの実績を誇る優良ファクタリング業者!
  2. 手数料は業界最安クラス!
  3. 北海道から沖縄まで全国の個人事業主が利用できる!
項目 詳細
即日対応 申込から入金まで最短12時間
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2社間ファクタリング:5%〜20%

3社間ファクタリング:2%〜9%

対応エリア 全国:北海道、東北、甲信越・北陸、関東、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄
取引可能額 30万円〜3億円(過去には10万円〜7億円までの買取実績あり)
取引実績
  • 利用者数:4,610社(2018年)
  • 取扱高:124億5,000万円(2018年)
  • 累計買取額:400億円以上

ビートレーディングは、月間契約数400件・累計買取金額400億円・累計利用者数1.6万社を誇る有名ファクタリング会社です。

支店も多いので首都圏だけではなく、関西、九州エリアなど地方の個人事業主でも利用できて、ファクタリングを検討しているならまず第一に見積しておきたい1社といえます。

過去には10万円の少額債権から7億円の債権買取まで対応しており、一定規模の中小企業から自営業・フリーランスの方までどなたも使いやすいおすすめファクタリング会社です。

2位:ファクターズ

【おすすめ度】

【公式HP】https://factorplan.net/ad/sp/

【ファクターズの特徴】

  1. 最短4時間で入金完了のスピード対応!
  2. 24時間265日問い合わせOK!
  3. 脅威の審査通過率91.4%!
項目 詳細
即日対応 最短即日
個人事業主(自営業)の利用
手数料
対応エリア 全国出張可能
取引可能額 30万円から3,000万円
取引実績
  • 審査通過率91.4%
  • リピート率91.3%
  • 資金繰り改善率92.8%

ファクターズの最大の特徴は、最短4時間で入金完了できるスピードです。見積もり費用や出張費、書類作成費など請求書買取手数料以外の費用は一切かからない点も嬉しいポイント。

午前中に問い合わせをすれば最短15時までに入金をしてくれるので、緊急で資金が必要な方におすすめです。

相見積も大歓迎しているので、複数社に依頼を出す際には利用しておきたい会社といえます。

3位:ファクタリングのトライ

【おすすめ度】

【公式HP】https://www.sko2018.com/

【ファクタリングのトライの特徴】

  1. 365日24時間問い合わせOK!
  2. 赤字決算、税金・社会保険滞納中の方でも利用可!
  3. 業界最安水準の手数料!
項目 詳細
即日対応 最短即日
個人事業主(自営業)の利用
手数料 2社間ファクタリング:5%〜
対応エリア 全国
取引可能額
取引実績
  • 赤字決算・債務超過企業の買取実績あり

ファクタリングのトライは、2018年設立とファクタリング業者の中では後発となりますが、最短即日振込のスピード対応と良心的な手数料設定(手数料5%〜)が特徴的な会社です。

相場手数料が10%〜であることを考えると、最低5%〜の手数料設定は業界でも最安水準です。

手数料で選ぶならまず見積しておきたい会社です。

その他のおすすめファクタリング会社は以下でもご紹介しています。

【関連記事】即日入金OKのおすすめファクタリング会社比較一覧

資金ショートを未然に防ぐための経営者の心構え

最後に資金ショートを未然に防止するための心構えをご説明します。

資金繰り表をつける

多くの会社は、資金繰り表や試算表を作成していると思いますが、中にはどんぶり勘定でやりくりしている会社もあります。

そうした会社は、資金繰り改善の第一歩として資金繰り表を作成するようにしましょう。

会社のお金は社長自身で把握する

試算表や資金繰り表を作っていても、経理や税理士に全部任せていて社長自身がしっかりと把握していないケースがよくあります。

試算表の作成自体を第三者に依頼するのは問題ありませんが、将来出ていくお金と入ってくるお金は、経営者本人がきちんと把握してください。

資金ショート回避策まとめ

今回は、緊急時にできる資金ショート回避策をまとめました。

いざ資金ショートが間近に近づいてくると、どうしても冷静な判断ができなくなるものです。

しかし、そこで焦ってしまっては事態は好転しません。

まずは、資金ショートになるまでの日付と必要な金額を計算し、乗り切るための具体的な施策を打っていきましょう。

また、資金ショートを回避できたら、その後は日頃から会社に出入りするお金を把握しておき、事態が逼迫するまえに手を打てるように改善していけると良いと思います。

今回ご紹介した緊急対策が少しでもみなさんの経営改善に役立てば幸いです。

Smart Fundingでは、中小企業経営者に役立つ資金調達情報を多数発信しています。よろしければ、他の記事も合わせてご覧ください。

【関連記事】資金繰りが苦しい時に今すぐ実践するべき3ステップ【緊急対策】